アンディクリニック

  • 〒252-0321 神奈川県相模原市南区相模台2-1-6 ANDYビル2階
初診・再診予約制
042-747-0877

xxxx

診療案内

Medical

求人案内

診療案内MEDICAL

うつ病

現代社会はストレスに溢れています。
ストレスがうまく解消されない、心と体のバランスが崩れ、誰にでも心身に不調をきたすことがあります。眠れない、食欲が無い、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった状態が続いている場合は、うつ病かもしれません。

うつ病は、精神的・身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間なように感じられてしまいます。そのため普段なら難なく乗り越えられるようなストレスも、より辛く感じられてしまうという悪循環が生じてきます。 こうした状態になったら、一人で悩まず、早めにご相談ください。早めに治療を始めるほど回復も早いので、十分な休息と早期に治療を開始することで多くの場合、以前と変わらない生活をとり戻すことが可能です。

うつ病の症状こんな症状でお困りではありませんか?

  • 気分が晴れない
  • 大好きだったものに興味がわかない
  • 嬉しいはずなのに喜びを感じない
  • 集中できない
  • 頭が働かない
  • 自分は価値がないまたは価値が低い
  • 消えてしまいたい、死にたい
  • 食欲が出ない
  • 忘れっぽい

このようなことでお困りの際はうつ病の可能性があります。ご相談ください。

双極性障害(躁うつ病)

うつ病は、うつ状態だけが生じるものをいいますが、双極性障害とは、うつ状態に加え活発に行動してしまう躁(そう)状態も現れ、「うつ状態」と「躁状態」繰り返す病気のことをいいます。躁状態では、眠らなくても活発に活動できる、次々とアイデアが浮かぶ、過度に自分は特別で能力が高いと信じこむなどの症状が見られ、軽はずみに無謀な行動を取ってしまい気がつかない内に、社会生活に大きく支障をきたすこともあります。

じつは双極性障害であるのにもかかわらず軽い躁状態に気が付かず、うつ病と診断されているケースもみられます。うつ病の治療をしても効果がない、改善がみられない患者さんが双極性障害だったということもあります。

うつ病は「うつを良くする」ことが治療目標ですが、双極性障害は、「躁・うつの波を、いかにコントロールするか」が最大の治療目標となります。

双極性障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • うつ病の諸症状
  • 睡眠が少なくても元気
  • 理由もなく自信に満ち溢れている
  • 普段よりおしゃべりになる
  • 注意力が散漫になりやすい
  • 疲れを感じない
  • 散財する

このようなことでお困りの際は双極性障害の可能性があります。ご相談ください。

統合失調症

統合失調症は、多くは思春期から青年期に発症する精神疾患で、「幻覚」や「妄想」といった症状が特徴的です。この病気は脳の神経ネットワークにトラブルが生じる「脳」の機能障害と考えられており、およそ100人に1人程度の割合で発病します。生まれながらストレスに対するもろさがあり、そこに限度以上のストレスがかかると、脳内の神経系が障害され発症すると言われます。経過は人によってさまざまで、非常に薬が効いて、症状のコントロールがうまくいく方、そうはいかない方など、いろいろな患者さんがいらっしゃいます。ただ、「発症早期の治療」が重要であることは認められており、専門医による適切な治療を受けることが大切です。思いあたる症状があれば、早めに受診されることをお勧めします。

統合失調症の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • 周囲の人や音が気になって仕方がない
  • 確かに声がするのに、周りの人は否定する
  • 疑い深くなった
  • 考えがまとまらない
  • 世の中の様子がおかしいと感じる
  • 誰かに見られている気がする
  • 誰かに嫌がらせを受けている感じがする

強迫性障害

強迫性障害は、ある考えや行為にとりつかれてしまい、自分でも「ばかばかしい」「不合理だ」とわかっているにもかかわらず、どうしてもそれを排除することが出来ず、日常生活に支障をきたすものです。

治療は、薬物療法と暴露反応妨害法(強迫観念による不安と向き合い、やらずにはいられなかった強迫行為をしないよう我慢するという行動療法)を中心に行います。

強迫性障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • 何度も手を洗わないと気が済まない
  • 火事や泥棒に遭うのではという心配になる
  • ドアのカギをかけたかどうか心配で何度も確認する
  • 何度もガス栓をしめたか確認する

睡眠障害(不眠症)

睡眠障害とは、睡眠に関して何らかの問題がある状態を言います。
睡眠障害の背景には、人口の高齢化、ライフスタイルの多様化、生活リズムの乱れ、ストレスなどがあるのかもしれません。 睡眠に問題があるというとまず思い浮かぶのはこの〝不眠”ですがそれ以外にも、昼間眠くて仕方がない、睡眠中に病的な運動や行動が起きてくる、睡眠のリズムが乱れて戻せない、など他の特徴をもつものもあります。睡眠障害によって日中の眠気やだるさ、集中力の低下などが引き起こされると、日々の生活に支障をきたし、極端な場合にはさまざまな事故につながることもあります。 また、精神疾患の発病初期によくみられます。そのため、睡眠障害は放置せず、適切に対処することが重要です。 睡眠障害の治療は疾患によって異なっており、睡眠薬の服用だけが睡眠障害の治療ではありません。症状や生活背景などから判断し、その原因となる疾患を診断し原因に応じた治療を行ってまいります。

睡眠障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • 寝付けない
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 早すぎる時間に目が覚める
  • よく寝たはずなのに眠った気がしない
  • 長時間眠っても疲れが取れない
  • 大事な時に眠ってしまう

上記以外にも眠りに関するお悩みはお気軽にご相談ください。

不安障害・パニック障害

人が生きていく上で、ほどほどの不安を感じることは、自分を守るためにとても大切です。しかし、その不安がいき過ぎてしまうと、日常生活に支障をきたすようになります。いき過ぎた不安を感じるようになった状態を「不安障害」と呼びます。不安障害のなかでも代表的なものが「パニック障害」です。突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、生活に支障がある状態をパニック障害と言います。この発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強く自分ではコントロールできないと感じます。そのため、また発作が起きたらどうしようかと不安(予期不安)になり、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。 このパニック障害の治療では、抗うつ薬や抗不安薬による薬物療法とあわせて、少しずつ苦手なことに挑戦し、慣れていく心理療法が行われます。無理をせず、自分のペースで取り組むことが大切です。

不安障害・パニック障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • 急につよい不安感に襲われる
  • 人前で極端に緊張してしまう
  • 発作的に呼吸困難感や動悸などが起こることがあり、その後も同様の発作を恐れて行動範囲が狭まる
  • 特定の状況で恐怖感を感じる

社会性不安障害(SAD)

社交不安障害(SAD)とは、社会性不安障害ともいい、日本では〝あがり症”〝対人恐怖”とも言われてきました。発症は若く10代からみられ、比較的主人数の中(広場恐怖とは対照的)、他の人々から注目される恐怖が中心で社交的な場面を回避するようになります。パニック発作へと発展することもあり、極端な場合、社会的孤立に至ることがあります。

社会性不安障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

人前に立つ・人前で話す・人の注目を浴びるなどの状況で、赤面・尿意動悸・発汗・吐き気・体のふるえなど

全般性不安障害(GAD)

以前は不安神経症とも呼ばれ、過剰な心配や理由のない不安が半年以上続き、日常生活に大きく支障をもたらすものです。不安の内容は特定のことに限らずあらゆるものが対象です。自分ではどうすることもできないことに過度に悩み、不安や心配が強くなり、心身のバランスを崩してしまいます。特徴的な症状はありません。更年期障害や自律神経失調症と診断されることがあります。

全般性不安障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

  • めまい、頭痛、しびれなどの心的症状
  • 緊張する、ささいなことが気になる、不眠等の精神症状

適応障害

適応障害とは、学校や会社、家庭などの身の回りの環境にうまく適応することができず、さまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたしてしまう症状のことです。

適応障害の主な症状このような症状でお困りではありませんか?

精神的な症状:
不安、うつ状態、混乱など
身体的な症状:
不眠、食欲不振、身体のだるさなどをはじめ、動機、めまい、吐き気など
pagetop